自社でふるい機を導入する様々手段をご提案します

分ける機械

作業員

導入方法と会社の選び方

男の人

新品を購入する

これから現場で長く使うことが想定できているような方には、新品のふるい機を購入することをおすすめします。
新品を購入すれば、販売メーカーから直接保証を受けることができます。
突然の故障や、機械の不具合が発生しても、メーカー保証を活用すれば、部品を新品のものに取り替えてくれることもあるので安心ですね。

中古品を購入する

長い期間ふるい機が必要だけれど、そんなに予算を割くことができないという方には、中古のふるい機をオススメします。中古を購入する場合は、ふるい分けたい対象が、ふるい機が対象としている材質に合っているかどうか確認してください。
中古であっても、適切な点検・整備を受けた機械であれば、長く使い続けることができますよ。
メーカーからの保証を受けることができるかどうかは、メーカー次第ですが、ふるい機の中古販売をしている会社がサポートしてくれることが多いので、それほど心配する必要はありませんよ!

レンタルを活用する

レンタルにも様々な種類があります。
一日だけレンタルできる場合や一ヶ月、半年、一年というように定められた期間は様々です。
レンタルでふるい機を採用する場合は、自社の工期と相談しながらレンタル期間を選ぶといいでしょう。
また、レンタルする際は、なるべくふるい機の保有台数が多い会社を選ぶことも重要です。なぜなら、所持台数が少ないとレンタル待ちになってしまうことがあるからです。
レンタルしたい時期に借りられるように、前もって空きがあるか確認しましょう。

実際に見てみたい

ふるい機は新品で数千万円する機械です。そんな機械をカタログを見ただけで購入するのは不安ですよね。
ましてや、例え中古品を購入するとしても数百万はかかります。そんな時は、ネットでその機械が動作している動画を掲載している会社を活用しましょう。
動画だけで不安な場合は、機械を出張デモしてくれるところもあります。目の前で実際に機械が正しく動作するかどうか確認できれば安心して購入に踏み切ることができますよね。

一貫した対応と拠点

ふるい機の販売する会社を選ぶ時は、販売・納品だけでなく、その後の相談や機械のメンテナンスまで一貫して対応してくれる会社を選びましょう。その時注目したいのが拠点場所です。せっかくアフターサービスを受けることができても、担当者のいる拠点がふるい機を使用する拠点から遠いと、どうしても対応が遅れてしまいます。ふるい機は何台も購入するものではないので、一台が故障すると、業務工程にもたらす影響はとても大きなものになります。迅速なケアを受けるためには、拠点が近いかどうかも確認しておきましょう。

これだけは知っておきたいこと

男の人

導入方法と会社の選び方

ここでは、ふるい機を自社に導入するにあたって押さえておきたいポイントを掲載しています。ふるい機は大変高価な機械ですが、レンタルや中古販売を活用すれば安く手に入れることができることもあります。ここを読んで色々なふるい機導入方法を知ってください。

READ MORE
広告募集中